灌漑農業などについて

勉強をしました。灌漑農業は、大規模な自然改造をともなうため、多数の人びとを効率よく動かす必要性から統治システムが発達しました(都市国家の成立)。

さらに、金属器や文字をはじめとするさまざまな新しい道具や技術が発明されたことで、人類の歴史は新たな段階をむかえました。

その後、インド西北部や中国でも灌漑農業がはじめられました。一方、アメリカ大陸でも約3500年前までに、メキシコと中央アンデスで農耕文明が成立し、やがてマヤ文明やインカ文明などの高度な古代文明が形成されました。

ここで栽培されていたトウモロコシ・ジャガイモ・トマトなどは、のちにヨーロッパやアジアにもたらされ、各地域の食生活に大きな影響をあたえました。

中国の黄河および長江流域を中心に成立した文化は、東は朝鮮半島・日本、南はベトナム北部、北はモンゴル高原にまでひろがり、広大な東アジア世界が形成されました。

この東アジア世界の大半は、季節風(モンスーン)の影響をうける湿潤地帯で、古くから農耕がおこなわれてきました。ただし、農耕地帯の気候条件は一様ではありません。株式会社メリーウェザーのオールインワン美白ゲル